シンプルに暮らすと

シンプルに暮らすと、お金も時間も余裕ができる。当たり前を手放してみませんか?

ウェルスナビのメリットとデメリット

 

 

 
2017年から試しに始めたウェルスナビ 、実際に利用してみて感じたメリットとデメリットをまとめます。 


そもそもウェルスナビ とは?

ウェルスナビ とは、ユーザーの資産を、AIが自動で運用するというモノ。ロボアドバイザーとも呼ばれ、他には楽ラップ、THEOなどがあります。

ユーザーはリスク許容度(=資産比率)を5段階から選び、入金するだけで資産運用を始めることができます。

 

 

 

利用してみて感じたメリット

ウェルスナビ の最大のメリットは、手軽に資産運用ができるということ。

先ほども書いたように、ユーザーは、口座開設後、リスク許容度(=資産比率)を設定し、入金するだけで資産運用を始めることができます。本当にこれだけ。

通常、株、国債投資信託を自分で購入するには、「リスク許容度設定」の代わりに、購入銘柄選びという手順が発生します。これが結構悩むところで、初心者にはハードルが高いことも。

ウェルスナビ の場合は、銘柄選びは自動で行われるので、悩むところがありません。

 

また、年齢が上がるにつれて、株、国債などの比率は徐々に変えていくのがベター。

これが結構面倒ですが、ウェルスナビ ならリスク許容度の変更のみで、簡単に変更できます。

 

 


利用してみて感じたデメリット

デメリットももちろんあります。それは手数料が高いということ。

ウェルスナビ の手数料は1%となっています。自動運用するための対価と考えれば決して高くはないと思いますが、インデックスの投資信託と比較すれば、割高となってしまいます。

少しでも利益を増やしたいなら、インデックス投資信託を自分で選び、購入した方が確実に利益は増えます。 

まとめ

ウェルスナビ のメリットは、手軽に資産運用でき、投資の知識ほぼゼロで資産運用することができます。

少々手間をかけてでも利益を大きくしたい方は、自分で投資信託を購入した方がいいと思いますが、どの投資信託を選んだらいいか自信が無かったり、ハードルが高いと感じている方、また、そもそもそういう時間が取れなかったりという方にはとても良いサービスだと思います。

定期預金にお金を預けていてもお金は眠ったままです。少しずつ動かしてみませんか?


 

 

免責事項 ブログについてのお問合せ